検索
  • Takeshi Uehara

【ちょっと良い話っぽい話シリーズ】

どうも、皆さんこんばんは。 焼きそば系男子こと私です( ̄(工) ̄) 先週会社の売店で昼飯を買ったんですが、その時買ったメニューがペヤング焼きそばと焼きそばパン( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) シンプルにチョイスミス(笑 何も考えずにボーっとしながら選んでしまいました(´・ω・`) 炭水化物の嵐、昼間から中々ボリューミーな昼食。 そして前日の晩飯の献立も焼きそばでしたw


そんな感じでいつもの【ちょっと良い話っぽい話シリーズ】 ソースたっぷりな感じで始まります( ̄(工) ̄)



「人の言葉は善意にとれ。その方が5倍も賢い。」 by.ウィリアム・シェイクスピア(劇作家)


という訳で本日はあの有名なシェイクスピアの名言。 有名だけど、ぶっちゃけ私は名前とハムレットって単語ぐらいしか知りませんけどね(笑 それでこの名言なんですが、僕としては中々胸を打たれた言葉ですね。 今はそうでもありませんが僕も元々は人間不信にだった人間で、他人の言葉を基本信用してない人間でした。常に「人の言動の裏には何かあるのでは?」と疑ってた感じです。 その考え方自体は今でも間違ってないと僕自身思ってますし、他人なんて無闇に信用するものじゃないと思ってますが、それでも信用出来る人間はちゃんと居ると思えるようにはなりました。 他人を常に疑うってのシンプルにしんどいですしねw それに何より、 「他人を信用しない人間は他人から信用を得られる訳がない。」 という考え方に僕は行き着きました。 そう考えると、他人を疑ってしんどい思いをして、誰からも信用されないってのは、損はしないのかも知れませんが信用を得られることは絶対に無いって、単純にしんどさしか残らんくない?って思うんですよね。 そりゃ信用してた人間から裏切られたら傷付きますし、場合によってはとんでもない損害を被るかもしれませんよ? けど、そう考えると誰彼構わず疑いまくるってのは賢い考え方だとは僕は思えませんね。


1回の閲覧

©2019 by 笑顔配達人の小部屋. Proudly created with Wix.com