検索
  • Takeshi Uehara

【ちょっと良い話っぽい話シリーズ】

どうも、皆さんおはようございます。

ふと気付いた暑くなって来てて、衣替えのタイミング本当にわからなくなって来た系男子の私です(-_-;)


あんまり出歩かなかったここ数ヶ月ですが、知らない間に暑くなっていてtシャツ一枚で過ごせるぐらいになって来ましたよね。

冬→春の時もそうだったんですが、春→夏のタイミングがよくわからない…



今年は色々と不思議な感覚に見舞われっぱなしですね(´-ω-`)




何だか体調崩しかねない状況ですので皆さんもお気を付けて下さいm(_ _)m







そんな感じでいつもの【ちょっと良い話っぽい話シリーズ】 はじまり~、はじまり~( ̄▽ ̄)














「例えばマッチを一回擦るだけでもいいんですよね。何かやろう!ってする瞬間があるじゃないですか?『やり始める』それだと思うんですよ。」

by.甲本ヒロト(ブルーハーツ)















という訳で本日伝説のロックバンド、ブルーハーツの元ボーカル甲本ヒロトの名言。



僕が思うに何かを始めるってことが一番難しいことだと思うんですよね。

それこそ例えば、

「ギターを始める」とか「絵を描いてみよう」とか。

何かを始めるって「0」から「1」になるってことだと思うです。

車とかでも動く瞬間の初速のギアが一番チカラがいるのと同じように一番エネルギーが要るように。



何かを始めるのって…


まずその何かに興味をしめして

決意して

行動を始める。




世の中には三日坊主って言葉がありますけど、三日坊主って逆に考えると、

何かを三日間やり続けることが出来たって捉え方も出来るんですよ。



何か新しい行動を始めることとか、失敗することとか、挫折することとか、ってカッコ悪いって考える人って割といっぱい居ると思うんですが、僕はそういうのカッコ悪いって思うことはありませんし、そういうのをカッコ悪いって思ってしまう人間にはなりたくないなぁと思う今日この頃です。


10回の閲覧

©2019 by 笑顔配達人の小部屋. Proudly created with Wix.com