検索
  • Takeshi Uehara

【ちょっと良い話っぽい話シリーズ】

どうも、皆さんこんばんは。  

昔、本気で修行したらかめはめ波も撃てると信じていた純真無垢だった子供時代を過ごしました。


そうなんです、

私は純真無垢な子供だったのですよ。   


昔はポケモンのイーブンぐらいつぶらな瞳をした子供だったのですよ。  


そして、そんな子供は今…   


「冴羽獠」  


ぐらいかっちょ良くなりたかったものの慣れなかった系男子の私です( ̄(工) ̄)  


この長ったらしい前振りには何の意味もありませんよ?



さてさて、それでは今日は月曜日。   

【ちょっと良い話っぽい話シリーズ】

はじま、ま、ま、るーよ( ̄▽ ̄)



見た目は「海坊主」、中身はヘタレ小僧、その名は「植原 武」!!

とか言わないで下さいよ?   





「ジャンプは燃えるゴミに出していいはずだ。  だって読んだらなんか燃えるもん。」

 by.坂田銀時(銀魂)





ダメです。 

資源ごみです。   



…という訳で今日は珍しく特に意味のない笑える名言ですw   


私も昔はウチの兄貴達と協力してジャンプとマガジンを毎週買ってました。   


それでたま~に家に今週号のジャンプが2~3冊あったりするんですよね(笑 


それぐらい漫画とかが好きな少年時代を過ごして、それが原因で目が悪くなるっていうw 

 

ウチの親には、   


「そんか下らん理由で目悪くして、メガネ買ったらんからな。」   


と言われてて、高3ぐらいまで視力0.2の状態で裸眼で生活してましたwww   


そして、私は柔道部。   

ガチムチ体系の五厘刈りの男が常に目を細めて学校生活…  


バイト先で知り合った同学年の女の子に話を聞くと本気で怖がれてたそうな…   


本当にイーブンみたいにつぶらな瞳をしていた私は何処に行ってしまったんでしょうか…(´・_・`)


9回の閲覧

©2019 by 笑顔配達人の小部屋. Proudly created with Wix.com